アメリカ単身赴任でウハウハ暮らし!駐在員が海外赴任を10倍楽しむ方法

アメリカ生活に欠かせない「トレジョで何買う?」「クレジットカードの作り方」、「ブロードウェイおすすめ?」、「ソーシャルセキュリティナンバー取得」、悩み・疑問はつきませんよね。アメリカで暮らし始めた30男の徹底解説です。

「アメリカ生活の知恵」の記事一覧

喘息がひどくなり、初めてアメリカで病院に行く:Urgent Care編

現在シンシナティは真夏で、日々楽しく駐在生活を送っていたのですが、 ある日、突如夜中の咳が止まらなくなり、寝られないくらい苦しくなりました。 オフィスでも咳が止まらなくなって、会議中とかもひどい状態に・・ 生まれて初めてアメリカで病院に行くことにしました。

Cはチャールズ?アメリカ人だって英語のリスニングは間違えるという話

オハイオ州はシンシナティに駐在して半年が経ちました。 赴任前の懸念通り、まだまだ英会話に手こずっていますが、 特にリスニングはマシになってきたかなと思っています。 聞こえてくると、何やら変な英単語が日常会話に混ざっていることに気づきました。

鼻は咬んだほうが良いの?アメリカ人に嫌われないために知っておくべき8つのマナー

駐在してもうじき半年ですが、まずはアメリカ人に嫌われないことが アメリカで楽しく暮らす上で本当に重要だなと感じています。 以下の8つは、「少しの違いでアメリカ人からの印象が大きく変わってしまう」点を まとめたものです。男性にも女性にも役立つ基本内容なので是非参考にしてください。

ウイスキーとバーボンの違い:バーボンはアメリカケンタッキー州にしかありません!

ケンタッキー州といえば、 ケンタッキーダービー、ルイビルスラッガー、ケンタッキーフライドチキン の3つに加えて、ケンタッキーバーボンが有名です。 そして、みんなが疑問に思うのが "ウイスキーとバーボンて何が違うの?"です。

アメリカ人の電話の切り方:恋愛編 日本語訳すると赤面必死。かっこよすぎてヤバい。

今回はプライベートな方、アメリカ人の恋愛における電話についてお話します。 さすがアメリカ!電話の切り方、終わり方がとてもあま~い!んです。 日本語訳してみると、こっぱずかしくなりますが、 アメリカ人の恋人同士の恋愛電話の切り方をご紹介します。

リスニングが苦手な人はお決まりの質問文を暗記した方がアメリカで楽しく暮らせます

いやー、アメリカ住み始めて5ヶ月ほどが経ちます。 英語力が劇的に向上したかというとあまり自信がなく。。 特に仕事よりも日常生活の英会話が難しいです。 今でも日本語の情報をみたり、日本人駐在員と話したりもするので、 耳が英語漬けになっていないのも一つの原因かもしれません。 しかし、最近一つやり方を変えたところ、光明が見えてて、だいぶ楽になったのでご紹介します。

アメリカで「電話にpound(パウンド)なんてボタン無い!」と焦ったら・・

アメリカって日本より進んでいるように見えて、まだアナログな部分がかなりあります。 特にお金の支払いなんかは、この方法で本当に大丈夫なの!?と不安になるときもしばしば。 例えば、私の場合、毎月のリースカーの支払いなどは 決められた電話番号に自分で電話をして、アカウントナンバーなどを入力して支払います。 このときに必ず出てくるのが以下のフレーズです。

駐在員がアメリカ人を寿司ホームパーティに招待する際に注意した3つのこと

週末にアメリカ人の友人を招待して、家で手巻き寿司パーティをしました。 "This is amazing!" "I can't believe you made all!" とみんなものすごく喜んでいて、 私としても久々に日本食をがっつり食べて楽しい時間でした。 ホームパーティは大成功だったと言って良いと思います! ただ、やはり日本人を招くのとは絶対的に違う部分もあるなと改めて感じたので これからホームパーティ、寿司パーティを予定されている方は参考にしてください。

アメリカのバーの注文と会計の方法と楽しく過ごすコツを現役駐在員がお教えします

アメリカ駐在員でも、アメリカ旅行者でも、日本人が敬遠しがちなのが 「アメリカでバー(Bar)に行く」ことでは無いでしょうか。 アメリカ人にとってバーはとても身近なもので、日本人にとっての居酒屋の感覚です。 バーは、アメリカの文化も学べるし、アメリカ人の友達もできるし 行かないともったいない素晴らしい場所です。 注文や会計など、アメリカのバー特有のルールを理解して楽しく過ごしてください。

アメリカ赴任生活で必須:摂氏と華氏の変換の最高に簡単な覚え方

さて、アメリカで暮らし始める際に少し戸惑うのが「気温の表示」だと思います。 ・車を運転するときにパネルに23°Fとか表示されても、何度かわからない。ただ、寒い。 ・同僚のアメリカ人から、"Hey, tomorrow's temperature should be 20!!"とか言われても  寒いかどうかわからなくてリアクションに困る。(本当にあります笑)