アメリカのエボラ感染の英語版最新情報ーオハイオ州クリーブランド

ダラスの看護士が、エボラウイルスに感染後にオハイオ州クリーブランドを訪れていた問題で

最新情報が公開されているので今日もアップデートします。

英語の日本語訳に間違いがあれば、訂正していただけると全員のためになります。

スポンサーリンク


エボラウイルス感染に関するオハイオ州最新情報

Amber Joy Vinson contacts in Ohio grow to 159;

still no Ebola cases

エボラ感染者のAmber Joy Vinsonと接触があった人の数は、159人(10月17日現在)。

・エボラ感染した看護士と直接の接触があった3人はしっかりとした隔離状況にある。

・エボラウイルスに感染した看護士と3フィート以内の距離に1時間以上いた18名は監視下にある。

・85名は電話での定期的な報告と国際旅行の禁止が義務づけられている。

・短期的な接触があった52名は、自主的な監視を継続しなければいけない

エボラウイルスの発症は感染から21日後に起きる。看護士との接触からあと13日が残されている。

 

参考サイト:http://www.cleveland.com/akron/index.ssf/2014/10/amber_joy_vinson_contacts_in_o.html


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ