【悲劇】日本とアメリカでFacetimeをしたらデータ使用量が500MBになった

Facetime

アメリカのみならず、世界中の海外駐在員の中にはAppleのFacetime利用者がとても多いです。

遠く離れた場所にいる家族や恋人、友人と無料でテレビ電話ができるんですから、本当に素晴らしいツールですよね。

ただし、Facetimeの利用自体は無料とはいえ、データ通信量はカウントされていますのでご注意を!

一度、私もこっぴどく妻に怒られました・・。

日本にいる妻と普段はLINEの無料通話を利用していたのですが、そのときはなんとなくFacetimeで話をすることに。

夫婦の他愛も無い会話ですが、1時間くらいテレビ電話をして「じゃあまたね」となった次の日。

「iPhoneのネットが全然使えない!」と妻からのクレームが。

聞いてみると、日本で話題になっているソフトバンクの3日で1GB制限にハマってしまった模様。

なんとFacetimeでの会話で500MBのデータ通信が発生したらしいんです!

Facetimeはこちらから発信をするだけでなく、着信をするだけでもデータを喰います。

調べてみると、1分あたりのFacetimeデータ通信量の目安を出している方が。

どうやら「1分で6MB程度」がFacetimeのデータ通信の目安のようです。

日本−アメリカ間だからデータ通信量が増える?なんてことは無いと思いますが、

接続が悪かったりしたので余計にデータ容量が必要だったえのかもしれません。

これからFacetimeを使うときはお互いにwifi環境下にいるときにしようと強く思いました。。。

データ使用量を節約するためには、Facetimeをオーディオのみ設定にすることもできますが、

どうしても設定を忘れてしまいがちなのでLINEの無料通話がいいですね。

それにしてもソフトバンクの3日で1GB制限ってどうにかならないものなんでしょうか。


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ