​ 南米で日本人が受ける差別一覧:実はアメリカよりタチ悪い!?

南米で受ける差別

旅行先としても人気の南米の国々。美しい景色や陽気な人々に憧れている方も多いと思います。

私もペルーのマチュピチュやボリビアのウユニ塩湖を訪れましたが、一生忘れることのできない絶景を目にするとともに、嫌な差別もいくつか味わいました。

ブログの読者さんからもコメントいただいたので、南米で日本人が受けやすい差別をまとめてみました。

「なんだ、自分だけじゃないんだ」と思ってもらえれば少しは気持ちも楽になるかなと期待して・・・

スポンサーリンク


チーノと呼ばれる

ペルーの市場で買い物しているとき、Tシャツでも買おうと思って一つの店に立ち寄ると、横の店で店番をしている小学生くらいの女の子が、私の死角から「チーノ!チーノ!」と言ってきました。

振り返ると、私何も言ってないよ、という感じで素知らぬ顔。そして、ニヤニヤする周りの店の人たち。

チーノは中国人の差別的な呼び方なのですが、向こうの人からしたらアジア系はほとんど一緒に見えるので、旅行中に何回かチーノと呼ばれました。

中国人じゃねぇよ!っていう思いと、そもそも馬鹿にされてるのが悔しいっていう屈辱感もあったりで、かなり嫌でしたね。

読者の方もチーノと呼ばれて嫌な思いをされていたようです。

英語が全く話せないメキシコ人が私を目の前で平気で「チーノ」とスペイン語で侮辱していました。すべって転んだフリをしてそいつのケツを思いっきり蹴り上げてやりました。

吊り目ポーズ

アジア人=吊り目という特徴から、このポーズをしてからかってくる輩がいるんです。

中には、「差別じゃない。これはクールでかっこいいアジア人の真似をしているんだ」とかいう人もいますが、まあそこまでの会話の流れとか相手の笑い方とか見ていれば、かっこいいと思われているのか、馬鹿にされているのかは誰でもわかりますよね。

一瞬話題になったブラジルサントスのネイマールを起用した広告。

これに関しては、日本への観戦ツアーの広告であり、決して日本人を馬鹿にしている意図はなかったようです。が、、伝わりませんよね。

ちなみにSantos No Japaoはポルトガル語で、Santos in Japan の意味。

これをNO JAPとか解釈している人がいましたが、それは100%誤解です。

南米差別

これも吊り目差別として有名な一枚。

南米の吊り目差別

ホテルに空きが無いと言われる

ペルーのリマにバックパッカーで訪れた時のこと。

長旅の途中だったので、宿を決めていなかったのですが、治安も心配だったこともあり、激安のホステルではなく中級ホテルを何軒か回りました。

どこのホテルでも「あいにく今日は一杯です」と言われたのですが、私たちの後から来る欧米人らしき人々が普通に宿泊手続きをしているんです。

もちろん予約をしていただけかもしれませんが・・。

ハポン、ハポンと指をさして笑われる

南米の差別

ハポン(Japon)はスペイン語で日本人の意味です。

先ほどのチーノと同じ感じですが、街を歩いているだけで指をさされて笑われた記憶が結構鮮明に残っています。

市場で中指を突き立てられる

「海外ブラックロード」の著者 嵐よういちさんの話がリアルなので引用します。

突然、色白の若い男が俺たちの目の前にビラを突き付けてきた。咄嗟のことだし、俺たちは話に夢中だったので、俺は手でビラをのけるようにして、そのまま通り過ぎた。すると、その男は持っていたビラで俺の頭を後方から叩こうとした。
・・・・

コノヤロー!!俺が振り返ると、その男はバカにするような顔付きをしている。

俺は手で、こっちに来いとジェスチャーした。すると男は遠くから中指を立ててきた。

嵐さん曰く、南米の差別も昔に比べたら大分マシにはなっているようです。

まとめ、北米とも違う南米の差別

アメリカだと陰でクスクス笑われたり、婉曲的に差別を受けたりすることもあるのですが、南米はさらに直接的というか、指をさして何か言われて嫌な思いをする、という体験が多いように感じました。

チーノは本当に腹が立つんですが、まあ実はそこまで差別意識を持たずに口だけで言っちゃっている人も多いので、あまり気にしないことですね。

差別については、過去にもいくつか記事を書いていますので、お時間あれば読んでいただいて皆さんの意見や体験を聞かせていただきたいと思います。

【つらい】日本人が8ヶ月もアメリカに住めばたくさん差別を受けます

【対処法付き】アメリカでの人種差別:日本人の壮絶体験まとめ

外国人を差別して日本スゴいアピールをする日本人はもう時代遅れでしょ


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




8 Responses to “​ 南米で日本人が受ける差別一覧:実はアメリカよりタチ悪い!?”

  1. Ss より:

    Chinoは、差別用語ではなく、中国人って意味ですよ。
    日本以上に差別的な国は、存在しませんので悪しからず

    • ハラボー(in USA) より:

      Ssさん、南米住みですか?
      中国人という辞書的な意味以外のものが言外に含まれているんですよ?

  2. kou850 より:

    南米はスペイン語が話せると差別されにくくなりますね。
    向こうもあまり英語はなせないので、
    さらに理解しにくい英語を話す日本人は嫌がるかと。

    日本だって、日本語話せない人への対応は、
    英語を話せる一部の人を除き悪いですからね・・・

    • ハラボー(in USA) より:

      kou850さん、
      コメントありがとうございます。やはり語学は身を助けますよね。。

    • あわ より:

      ちょっと意味不明だな
      言葉わからない→反応悪い。距離を取る(これは分かる)
      言葉わからない→じゃ差別しよう(これはオカシイ)

  3. amiga より:

    私はペルー日系人です。ペルーでは「チーナ」と呼ばれたり、日本では「どこの国の人?」って聞かれるし、たまに聞かなくても表情で「あんた、みんなと違う」と距離を持つ人もいます。結局、居場所がないと思いながら、別になくても大丈夫だと思う時もある。
    ハラボーさんが書いたことの全ては、私の経験でもあり、日本に移住した理由の一つでもあります。
    日本では、上手に日本語を話せない外国人に対して、たまに上からの目線で見たり、馬鹿されることもあります。それは仕方ないだと思いますが(どこの国でもあること)、ペルーと日本で受けた差別の経験を生かして、在日外国人は差別を受けないように、日本語中級の私はボランティアで日本語を教えています。
    ハラボーさんも、この経験を生かし、自分がなにか出来ると思えば、この経験がありがたいだと思うようになる。

  4. 匿名 より:

    南米は普通に差別激しいよ

  5. 匿名 より:

    チンチャンチョンってのもありますよね
    昔日本人も無意識で白人の真似といいながら付け鼻つけたりしてましたよね(あれも白人からしたらバカにされてるとみられてた)
    南米ではアーモンドの目をもったアジア人の特徴なんでしょうね(南米人みたいにパッチリした目の人もいますが南米ほど多くないですしね)
    米国ではRとLのからかいが最近増えてますね
    あとは米国留学生に多いアジア系の黒縁眼鏡率の高さもからかわれてる(もっと眼鏡に個性があればいいのに)

    殆どの国の場合は無意識差別が多いと思う

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ