WWEのSAWFTって?Enzo & Big Cassのマイクパフォーマンス解説

SAWFTの意味

ようこそWWEユニバースの皆さん!

最近のWWEは本当に面白いですね。

この記事にたどり着いたということは、ほぼ間違いなくEnzo & Big cassのファンですよね?

そして、彼らの魅力的なマイクパフォーマンスに取り憑かれていますよね?(笑)

今回は、日本でもジワジワ人気が出てきた彼らの18番のマイクパフォーマンスについてご紹介します。これを覚えればWWEがもっと面白くなります!

スポンサーリンク


SAWFTは造語だった

EnzoとBig Cassの一連のマイクパフォの中で一番気持ち良いのが、相手を睨みつけながらゆっくり発するSawftのところです。

英和辞典やGoogle翻訳を使っても残念ながらSawftの訳は出てきません。

それは、このSAWFTが完全なる造語だからです。

意味的には、相手をディスるときに使っているので「クソったれ」「へなちょこ」みたいな意味合いのはずです。

アメリカ人がこんな風に全く新しい単語を作ったりもするんだなぁと妙に関心してしまいましあ。

なので、あまり難しく考えすぎずにビッグキャスのマイクに合わせて

「S-A-W-F-T スウォーーウフトゥ!!」と叫びましょう。

このタッグのキャラ的にも、とにかくWWEユニバースが盛り上がればOKです(笑)

Enzo & Big Cassのマイクパフォーマンス全文解説

では、エンツォとビッグキャスのマイクパフォーマンスの典型的なセリフを覚えてみましょう。

動画もあるので、セリフを見ながらマネしてみてください。

SAWFT以外にもあまり普段聞かない単語や言い回しが散りばめられているので、とても面白いです。

And you can’t teach that!と言いながら右手を振りましょう。ここもめっちゃ好きです。

<Enzoパート>
“My name is Enzo Amore and I am a certified G and a bonafide stud and you can’t teach that!

And this right here, this is Big Cass and he’s 7 foot tall and you can’t teach that!
Bada boom! Realest guys in the room! How ya doin!”

『俺の名はエンツォ・アモーレ、Gの認定書を持った天才だ。それは否定できない。そしてここにいるのはビッグ・キャス、7フィートの大男。お前にゃそれは否定できない。俺らが真の男だバカやろう!調子はどうだい?』

<Big Cassパート>
“There’s only one word to describe you and I’m gonna…. SPELL it out for you! S-A-W-F-T…. Sawft!

『お前を一言で表すぴったりな言葉があるぞ・・お前のために綴ってやろう S-A-W-F-T..   Sawft!』

動画の1:15あたりから、Enzoのマイクが始まります。

WWEに関しては、こんな記事も書いていますのでお時間ある方はご覧ください。企業としてとても注目しています。

【超優良企業】米国最大のプロレス団体WWEに学ぶ現代のリーダーシップ


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ