【実録】アメリカ(ラスベガス)で運転中に警察につかまったら、、

 

アメリカで警察に捕まる

画像http://www.gizmag.com/ford-police-interceptor-suv/16209/

駐在員であれ、旅行客であれ、どうしてもアメリカで車の運転をする必要が出てくる場合があります。

「アメリカの運転は、左ハンドル」これだけを覚えておけばいいわけではありません!

スピード違反だったり駐車禁止で捕まった時の警察の応対の仕方も日本とは違うところがあるんです。

今回は、私が経験したアメリカ警察とのやり取りをお伝えします。

スポンサーリンク


ラスベガスの高速道路のハイテク警察

国立公園に行こう!アンテロープキャニオン、ブライスキャニオンが見たい!

そう考えた私は、いざ空路でラスベガスへ。

ベガスに着くと早速ウィンホテルにあるハーツで車を借りてアンテロープキャニオンへGO!

国立公園に向かうには、高速道路をひたすら4時間も5時間も運転しなければいけません。

アメリカの高速道路は、場所によっては制限速度が80マイル、つまり120キロ程度のとこもあるので、日本でしか運転していない方にはびっくりする速度かもしれません

ただし、だからと言って飛ばし過ぎ注意です!一直線の高速道路で、先が見通せる道でも警察は見張っています。

どこから見ているか?

それはなんと、空からなんです!

カリフォルニアの警察は、ヘリを飛ばして、上空からスピード違反の車がいないかを監視しているのです。

おそらくヘリから連絡が行って、近くにいるパトカーが止めに行くんだと思いますが、スケールが違いますよね。。

でも、スピード違反もしてないのに止められた

アメリカで警察に止められる

画像はイメージです:http://www.adelaidenow.com.au/news/sa-girl-allegedly-drives-200-kms-in-ute/story-e6frea6u-1226001135900

快調にネバダ州の高速道路で運転を続けている私。

アメリカ駐在員ですし、旅先で交通違反とかで警察につかまるのは洒落になりません。

カーナビをつけて、制限速度をしっかり確認しながら運転を続けていました。

道端に止まっているパトカーの横も十分に制限以下の速度で通過しました。

しかし、そのとき。

なんとそのパトカーがゆっくりと走行を開始したんです。

え?え?俺?なんで?

少しパニックになりながらも、自分以外の車を追いかけている可能性もあるので、とりあえず運転を続けました

それでもパトカーはどんどん迫ってきて、私の後方につけてきます。

パトカーの青色ランプが点滅しているので、私の車で間違いなさそうです。

落ち着け。速度は絶対にオーバーしていないはずだから、話せばわかってくれるはずだ。

そう自分に言い聞かせていました。

ちなみに、ここは重要なとこですが・・

アメリカでパトカーに止められたら、ゆっくりと右ウィンカーを出して、道路の路肩に止めましょう。

そして、警官が降りてくるまで、動いてはいけません。車内で手を上に出した状態で警察が来るのを待ちます。

間違って、免許証を出さなきゃ、とか荷物を漁ってはいけません。銃を探していると思われたら最悪警察に撃たれます。

まさかアメリカで運転中に警察に止められるなんて、私にとっても初めての経験だったので、映画で見るように、両手を上に挙げて警官を待っていました。

運転席の横に警官が立ってコンコンとガラスを叩いたので、ウィーンと窓ガラスを開けました。

・・何を言われるんだろう?

警官 “Hey, how’s going?” 調子はどう?

え?と思いながら、私”good” まあまあだよ と恐る恐る答えます。

どうやら両手をガッチガチに上げて緊張している私を見て、雰囲気をほぐそうとしてくれているみたいです。

警官 ”Where are you going?” どこに行くんだい?

私 ”アンテロープキャニオンだよ”

警官 ”ひとり?パスポート見せて”

私は、アメリカ在住でパスポートを携帯していなかったのでアメリカの免許証を見せました。

無線で免許証の確認を行うこと数分。私の横を通るドライバー達の目が痛い・・。

ちがう、俺はやってないんだ。何かの間違いなんだ!と心の中で言い訳をしていると、警官が

警官”オハイオなんだ!旅行を楽しまないとね!”

えーと、結局交通違反はなしなの?なにこの人?とよっぽどポカーンとした顔になっていたのでしょう。

警官が教えてくれました。

警官 ”オーケイ。君のカーナビをつける位置は正しくない。真っ直ぐに前を向いて運転したときに、カーナビが視界を邪魔してはいけないんだ。次かろ注意してくれよな”

なんと!これまで私が一年近くつけてきたカーナビの位置は正しくなかったんだそうです。

方向音痴で運転下手な私は、いつでも地図が見えるようにナビをフロントガラスの真ん中あたりにつけていたんですが、これが良くなかったようです。

結局キップを切られるわけでもなく、彼に軽く注意されて終わりました。よかった。。

 

いや~しかし、運転中に警察に止められるのも初めての経験でしたが、やはり心臓に良くないですね。

皆様も長期旅行などでアメリカで運転する際は、とにかく安全運転を心がけてください。

パトカーが後ろについたらすぐに右に寄せて止まりましょう!


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ