行列は必須!シカゴダウンタウンのラーメンはやっぱりwasabi

大好きなシカゴに再び遊びに行き、再訪しましたwasabi(わさび)

wasabi chicago

wasabiはシカゴの中でもおしゃれなDamen駅の近くにあります。

そこのイベントに参加する前に行こうと思ったので、夕方の5時半くらいに行ったのですが

すでに混み始めていて、4人組の家族などは少し待たなければいけないようでした。

私は1人客だったので、カウンターにすんなりと通してもらえました。

今回注文したのは、豚骨ラーメンとチューリップから揚げ(ロリポップ)。

スポンサーリンク


wasabiの隠れ美味メニュー Fried Chicken Lolipop

アメリカで一度も美味しいから揚げを食べたことがなかったので(アメリカ人は胸肉好きで、全部パサパサ・・)

「wasabiならうまい唐揚げが食えるんじゃあないか」と非常に期待していました。

そして出てきた一品がこれ。

wasabi fried chicken

期待通り、いや、期待以上の味!!

カリっと揚げられた衣の内側からはジューシーで肉汁たっぷりの鶏もも肉!

日本のから揚げ特有の醤油の効いた味が最高です。

隣のアメリカ人が、なんでこいつフライドチキン頼んでんだ?みたいな感じで見ていましたが

アメリカのフライドチキンと一緒にしてもらっちゃ困る!!

今回のシカゴで一番の感動だったかもしれません(笑)

何回食べても美味いシカゴwasabiの豚骨ラーメン

wasabi ramen

(写真引用www.pinterest.com)

安定のクオリティですね。ちょっと味にコクが無いかなあと食べ始めに感じたのですが

黒の麻油を混ぜたら完璧でした。

13ドルと高いですが、豚の角煮も入っていて、味玉の入っているのでこんなもんかな。

アメリカのラーメンにありがちなぬるいスープではなく、熱々で出してくれます。

アメリカの口コミサイトyelpを見ると、みんな豚骨ラーメンではなく

スパイシーガーリック味噌ラーメンを食べているらしい。

日本人は豚骨ラーメン!と思っていますが、一度はそっちも試してみたいな。

 

今回は、チューリップから揚げ7ドル、豚骨ラーメン13ドル。

チップと税金合わせて26ドルでした。

まあ、日本でから揚げとラーメンに3000円なんて絶対出せないですが・・・

シンシナティでは決して食べれない味なので大満足です。

wasabiは寿司カウンターもあって、フレッシュなお寿司を提供してくれると思うのですが

大半のお客さんがラーメンを求めてやってきます。

6時過ぎにお店を出るころには、30人以上の行列が・・。

夜まで行列は増えていく一方らしいので、早めの時間をおすすめします。

シカゴは既に気温3度くらい。これから寒くなるとラーメン人気は更に高まるはずです。


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ