ニューヨークのホールフーズ:飯もうまいし、新システムに衝撃を覚えた

ニューヨークに旅行に行った際にホールフーズ(Whole Foods)に入ったのですが、

オハイオのホールフーズより10年ぐらい未来行ってました(笑)

食材もレジシステムも衝撃的だったのでちょっとご紹介します。

ちなみに、ユニオンスクエア前のホールフーズの取材です。

スポンサーリンク


どれだけ混雑してもスムーズに会計できる!カラフルレジシステム

ホールフーズはとにかく人気のスーパーなので、いつ行っても混雑しています。

混雑しているスーパー、特にウォルマートなどはレジの列に並ぶだけで

平気で10分近く待たされてしまいます。店員もやる気無いし・・。

でも、ホールフーズは違います!見てください、このカラフルなレーン!

Whole food's new york

初めは、よくわからなかったのですが、とりあえず好きな色のレーンに並んで

様子を見ていました。すると、、目の前に電光掲示板を発見↓

whole food's new york 2

 

そう!自分の並んでいる色のレーンの所に表示される数字が、自分が会計をするべき

レジカウンターを意味しているんです。素晴らしき自動化システム!

おかげで、他のスーパーよりも断然早くお会計ができました。

量り売りのクッキーの種類が半端じゃない

1パウンド11ドルの量り売りクッキー。スコーンやビスケット、ブラウニーなど種類がめちゃめちゃ豊富でした。

ピスタチオクッキーとか珍しいものもいっぱいあって激ウマでした!

whole food's cookie

IMG_4272

ニューヨークのホールフーズは寿司のクオリティが高い

オハイオのホールフーズでは決して見ることのできないクオリティの寿司!

SALMON DREAMの名の通り、イクラがスーパーのお寿司で食べられるなんて、

内陸の住民からしたら非日常体験ですよ(笑)美味しくいただきました。

whole food's sushi

やはり、ホールフーズは進化を続けているんだなあ。

ニューヨークは最先端だなあと強く感じる旅行でした。


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ