アメリカ人の電話の切り方:恋愛編 日本語訳すると赤面必死。かっこよすぎてヤバい。

love you

前回の記事でアメリカ人のビジネスにおける電話の切り方についてお話しました。

今回はプライベートな方、アメリカ人の恋愛における電話についてお話します。

さすがアメリカ!電話の切り方、終わり方がとてもあま~い!んです。

日本語訳してみると、こっぱずかしくなりますが、

アメリカ人の恋人同士の恋愛電話の切り方をご紹介します。

スポンサーリンク


電話の切り方:愛してるよ、愛してるよ(Love You, Love You)

Love you x 2はアメリカ人の電話で一番良く聞く表現です。

日本人で「愛してる」って一生で言う回数ってここぞっていうときの

数回だけだったりすると思うんですが(私はそうです笑)、

アメリカ人は毎日「愛してるよ」と言っていることになりますね。

でも、誤解しないでほしいのは、アメリカ人みんなすごく軽い感じで言うんです。

だからこその2回繰り返しなんですね。ラビューラビュー♪みたいな言い方です。

とびっきりの夢を見てね(Sweet Dream)

なかなか電話を切るときにこれは言えないですよね。

夜に電話をしたときに言う言葉です。

友達だと”Have a good night.”で終わるところが、

恋人だと”Sweet dream”とか”Have a sweet dream”になるんです。


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ