アメリカ赴任生活で必須:摂氏と華氏の変換の最高に簡単な覚え方

Cincinnati winter
今年のアメリカの大寒波はすごいです。。

このブログを書いている今もオハイオ州シンシナティは大雪です。

朝、車を運転する前に雪かきをするのが日課です。寒いですよーー。。

さて、アメリカで暮らし始める際に少し戸惑うのが「気温の表示」だと思います。

・車を運転するときにパネルに23°Fとか表示されても、何度かわからない。ただ、寒い。

・同僚のアメリカ人から、”Hey, tomorrow’s temperature should be 20!!”とか言われても
寒いかどうかわからなくてリアクションに困る。(本当にあります笑)

【華氏→摂氏の変換方法】

摂氏°C=(5÷9)×(華氏°F-32)
はい、実はこんなにややこしいんです(笑) 覚えられませんね。

なので、僕は大事な2ポイントを覚えるようにして、以下のように理解しています。

32°F=日本人の0°C、
60°F=日本人の16°C
なので、
32°Fを下回ったらめっちゃ寒い。
32°Fを越えたら大分暖かい。

色々なブログを見ていると、みなさんこの気温は苦労されているみたいで
ざっくり公式を編み出している人もいましたので、最後に紹介します。
°C=(°F-30)÷2
http://nanapi.jp/37045/
なんにせよ、早く暖かくなってほしいなシンシナティ。。

ハラボー(アメリカ単身赴任生活中の駐在員)


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ