【使える英会話】教えてくれてありがとう!を英語で言うと?

毎日アメリカ人と働いている駐在員として、たまには英語の話もします(笑)

日本語だと言いたいアノ表現、英語でなんていうんだ!?ということって良くありますよね。

こういうのは、少しずつ覚えて行って、ボキャブラリーを増やして行く以外にやりようが無いと思います。

ということで、私が最近覚えた英語表現がこれです。

” Thanks for the heads up. “

” 教えてくれてありがとう “

たとえば、社内で提出しなければ行けないレポートの締め切りの2日前くらいに、

「あのレポート、明後日締め切りだよ。もうやった?」なんて聞かれたらこの表現を使えますね。

“I’ll finish it tomorrow but thanks for the heads up!!”

「明日やるつもりだけど、教えてくれてありがとう!」

こんな感じです。

日本人だと、直訳で Thanks for letting me know it. とか言ったり書いたりしがちですが、

Thanks for the heads up!の方がかっこいいですよね。

アメリカ人はしょっちゅうこの表現を使うので、是非とも取り入れてみてください。

ネイティブの英語の重要性はこちらの記事でも書きました↓

駐在員/駐在妻がアメリカ人と普通の日常会話をこなせる秘訣とは?


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ