アメリカでは会社の飲み会をHappy Hourと呼ぶらしい

赴任先の会社で同僚が1人辞めることになりました。

アメリカでは社員が辞めることは頻繁にあるので、暗い雰囲気は一切ないのですが、

彼を送り出すfarewell partyがあり、ビール飲みまくりの大盛り上がりでした。

日本ほどには飲み会の機会が多くないアメリカ社会ですが、飲むと楽しいですね。

 

ところで、日本で言う「飲み会」アメリカではHappy Hourと言うようです。

Happy Hourには2つの意味があるせいで、初めややこしかったのでまとめます。

 

スポンサーリンク


その1:ビールやつまみが半額!お得なHappy Hour

happy hour1

(www.examiner.com)

このハッピーアワーは、旅行客の方も知ってますよね。

バーやレストランが、早い時間の座席を埋めるために、特定のビールを半額にしたり、

おつまみのフィッシュ&チップスを安く提供したりすることです。

元々アメリカのビールは安い(5ドル程度)ので、ハッピーアワーだと2~3ドルで生ビールが飲めます。

店の前に写真のような黒板が出ていることが大半なので、すぐわかると思います。

ハッピーアワーをうまく使えば、20ドルくらいで十分にお酒も食事も楽しめるんです!

アメリカ人の同僚の中には仕事終わりに、バーのハッピーアワーでビールを一杯飲んでから家に帰る、

という立ち呑み屋にいるサラリーマンのようなやつもいます(笑)

その2:みんなで集まるいわゆる飲み会?Happy Hour

happyhour

アメリカ赴任当初、仲良くなったアメリカ人に、

“We should have Happy Hour soon!”

と言われてぽかーんとしてしまったことを思い出します。ノリ悪いやつに思われたろーなあ(笑)

 

どうやら、ビールが安くなるHappy Hourが転じて、

早い時間からみんなで飲むこと自体をハッピーアワーというんだそうです。

私の赴任先の会社では、若手は月に一度はハッピーアワーが企画されます。

金曜日の夕方6時くらいから、仕事が終わった人からバーやビアホールに集まる、という形です。

だらだら始まって、帰りたい人から適当に帰る、という超ゆる飲み会です。

 

日本みたいに、みんなきっちり集まって、最後まで残る、とかはありません。

MBA留学をしている同僚なんかに聞くと、学生はこのHappy Hourがもうちょっと多いようですね。

 

海外赴任者は、こういう機会に現地スタッフと仲良くなれると思うので

私は積極的に出席するようにしています。


☆最後まで読んでいただきありがとうございました☆
この記事が面白かった・役に立った・なんだよこれ?と思われたら「いいね!」「シェア」していただけると嬉しいです!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ